動いて止まってまたウゴク?

双子の父で四児の父。そこから得た情報や体験談と小規模事業者の小言を書いています。

<

人手不足と運送業

スポンサーリンク

f:id:yojichichikun:20170911105036j:plain

人手不足だ。人手不足だ。と叫ばれている昨今。

特に飲食、宿泊、運輸、介護、建設がメディアでも取り上げられている主なとこでしょうか。その中で私が仕事柄、話を聞かせてもらうことが多い「運送業界」の人手不足に対しての考え方で、非常に危険だと思ったことをあげてみます。

運送業」この業種に対してのイメージは、労働時間(拘束時間)が長い、休みがない、給料が安い、ガラが悪い(大手を除く)、学歴が低い(大手を除く)、こんなとこですか。まぁ、良くないです。

※対象は5~20台程度所有の中小企業経営トップ、サンプルは20件程度と多くはないので、こんな傾向にある、程度で認識してもらえるとありがたいです。

経営トップと書いてますが、そもそも経営トップ以下はすべて運転手なんてとこもザラにありますので、悪しからず。

 

働き手のせいにする

運転手あがりで、50~70代がの経営者がほとんどです。

「1日中走ってやってきた。それなのに最近の若いやつらは根性がない!」

今の現状12~16時間程度の労働時間で、他業種に比べ労働時間が長く、キツイ仕事なのを理解できていない経営者の方が多いです。働き手側が、休みと労働時間を重視する傾向にあるので、この溝を埋めないとダメでしょうね。

 

規制緩和のせいにする

1990年物流二法の大改正により、新規参入が増え、荷物の取り合いで運賃水準が低下しました。

これにより、業者が増えた→運賃下がった→燃料上がった→給料安い→働き手がこない→オレ悪くない、国が悪い。こうなる。

これ27年前の話だからね?まだこれのせいにしてるようじゃ無理がある。

約40,000(1990年)→63,000社(2007年)※2007年をピークに緩やかに減少中。

 

職種のせいにする

一昔前に、学歴はないけど手っ取り早くお金を稼ぎたい人が多く参入する職種でした。

言い方は悪いけど、底辺の職種であるイメージが強く、これを業界全体で変えることは厳しいでしょう。佐川急便が佐川男子!なんてことをやって、イメージアップを図ろうとしたけど、効果あったとは思えないし。

ただ、職種の全体的なイメージを変えることは厳しいでしょうが、自分の会社を変えることは可能じゃないかと思います。

 

まとめ

もちろんすべての中小トップが他人のせいにして、何も考えないわけではありません。

労働時間短縮、給与up、運賃交渉、新規荷主獲得、ISO取得と様々な取り組みをしている方もいます。

運転手の高齢化(40代以上が70%程度)もあり、これから更に人手不足が続き、規制も厳しくなり、経営面で苦しい状況です。

1人で複数台運転して利益を出すことは不可能なので、考え方を少しは変えてほしいものです。