すばらしい日々だ

男目線での子育て中心に、思い立ったことを書いています

ヤンキーの生態と現代のヤンキー 学生服の変化

スポンサーリンク

f:id:yojichichikun:20170924123903j:plain

クリックお願いします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

むかーしむかし、日本の学生達に大きな影響を与え、その数を爆発的に増やしたモノがある。

ヤンキー。

近年その個体数は減り、IUCNレッドリストにて絶滅危惧IB類として指定された。

その希少性から、高値で取引され、ハンターからも狙われている。

1960年代頃に日本で初めて発見された。その画像がこちら。

f:id:yojichichikun:20170924135853j:plain

初期から中期(1960~1995年頃)

基本的に集団行動を好み、仲間を大事にする性格な半面、画像を見てお分かりの通り

非常に狂暴だ。何かに付けては文句を言い、喧嘩をはじめようとする。

尾崎豊をリスペクトし、盗んだバイクで走り出すこともしばしば見られた。

リーゼント、パンチパーマという特徴的な髪形をしており、現代では元DeNAの三浦大輔投手が代表的な例である。

中期頃になると、より高圧的な外見を求め衣類が進化した。

ボンタン、短ランの登場だ。

ボンタン

f:id:yojichichikun:20170924141841j:plain

特徴

太もものあたりが非常に太く、足首にかけて細くなっている。

ツータック、スリータックなど好みに合わせて個性を出していたようだ。

現代ではサルエルパンツが似ているかもしれない。

 

短ラン

f:id:yojichichikun:20170924141911j:plain

特徴

冬にはお腹が冷えてしまいそうなほど短くなっている。

この短ランにはボタンが付いており、そのボタンの種類を変えたり、ボタンを固定するための裏ボタンを、龍の絵が書いているものに変えることもある。

 

後期(2000年頃)

f:id:yojichichikun:20170924143107j:plain

この頃から、リーゼント、パンチパーマから金髪、長髪、坊主へとオシャレに進化する。ボンタンは細く、タンランは長くなり、ベルト、チェーン等の小物にも力を入れるようになる。狂暴な性格は初期~中期と遜色ない。

外見は、人気漫画クローズ、ワーストなどのヤンキーマンガで見かけたことがあるだろう。

 

現代

f:id:yojichichikun:20170924143910p:plain

外見での判断は難しくなり、性格も温厚になるが、うちに秘めたものは健在で、SNSを使用し、特定の人物に対して以前にも増した狂暴性を出す。

その数は未知数であり、ある有識者は増加傾向にあるのではないかとの意見もある。

 

ヤンキーの生態は、まだまだ書ききれない部分もあるが、量が非常に多くなってしまうので割愛させていただく。

  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村